【福岡】新人実藤氏が出馬表明 朝倉市長選

 来年4月8日告示、15日投開票の朝倉市長選に、市議で新人の実藤輝夫氏(70)が13日、無所属で立候補する意向を表明した。実藤氏は記者会見で、朝倉市を襲った九州豪雨について「被災者の声を聞き、被災者が望む生活再建に全力を尽くしたい」と述べた。市長選への出馬表明は、3選を目指す現職の森田俊介氏(65)に続いて2人目。

 実藤氏は豪雨被害からの復旧・復興に財政再建が必要として、市新庁舎と総合的体育施設の建設中止や、秋月小への秋月中の移転中止を主張。市杷木支所を活用し復興ミュージアムを設置する考えを示した。

 実藤氏は市議3期目。旧甘木市を含め市長選に2度出馬している。

=2017/12/14付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]