西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

弱者の外出 後押し バリアフリートイレ 地図に 粕屋など3町54カ所網羅 障害者支援グループ作成

バリアフリートイレマップを作製した支援グループのメンバー。細かな情報も掲載している
バリアフリートイレマップを作製した支援グループのメンバー。細かな情報も掲載している
写真を見る

 障害者や高齢者の外出を後押ししようと、粕屋町の障害者支援グループが町内と志免、篠栗両町の計54カ所にあるバリアフリートイレをまとめたマップを作製した。授乳室やベビーシートの有無も掲載し乳幼児連れにも役立つ内容。粕屋町内の福祉作業所などに寄贈し、町役場でも配布している。製作したのは、町障害福祉計画推進協議会。協議会メンバーの「NPO法人・障がい者の自立を考える会『ほし』」を通じ、グリーンコープ生協ふくおかの助成金を活用した。A5判、25ページで、9エリアに分けてバリアフリートイレのある店舗や公共施設の場所を地図付きで紹介。各トイレの使用可能時間や車いす用駐車場の有無なども写真とともに示している。店舗や公共施設を下見した上で、施設側に何度も問い合わせ、正確な情報の提供に努めたという。

 協議会では、毎月24日を「福祉の日」として役場で団体の活動紹介や相談会を開いている。協議会の北村久美子会長(55)は「弱者が安心して暮らせる町を目指して活動している。マップを通じて、私たちの活動も知ってもらえるとうれしい」と話している。

 問い合わせは協議会事務局(町役場介護福祉課)=092(938)2311。=2014/01/09付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]