ホークスファンタブレット

うつ病関連 血中成分特定 客観的な診断法へ道 九大などのグループ

血中成分を計測した装置。抑うつ状態の重症度に関連する代謝物が見つかった
血中成分を計測した装置。抑うつ状態の重症度に関連する代謝物が見つかった
写真を見る

 九州大や大阪大などの研究グループは、抑うつ状態の患者の血液検査で、重症度と関係する血中成分を発見したと発表した。うつ病は患者が精神科などを受診し、医師が問診して重症度を判断するのが一般的で、この発見でより客観的な診断方法の開発や早期治療につながることが期待される。

 昨年末、米オンライン科学誌プロスワンに研究成果を発表した。グループの加藤隆弘九州大特任准教授(精神医学)によると、うつ病やそううつ病の患者計90人を対象に、医師が面接で重症度を評価すると同時に、採血して100種類余りの血中成分を分析した。その結果、3-ヒドロキシ酪酸、ベタインなど5種類の代謝物の増減に、重症度と強い相関関係があった。

 さらに、自殺願望が強いほど血中のクエン酸量が増えるなど、症状ごとに関係する代謝物も特定した。

 うつ病は自殺に至る危険性が高い精神疾患で早期発見・早期治療が欠かせないが、精神科にかかったときにはすでに重症化しており、治療が長期化するケースも少なくない。

 うつ病患者の6割超がうつ病と気付かず最初に内科を受診していることから、加藤特任准教授は「内科や職場健診などの血液検査でうつ病の傾向が判明すれば、早期治療に結び付く」と話す。

 グループは今後、患者だけでなく健常者の血中成分も分析し、研究の精度をより高めた上で、企業などと協力して血中代謝物を簡便に計測できるシステムの開発を進めるという。


=2017/01/14付 西日本新聞朝刊=

◆500台限定!ホークスファン専用のタブレットが今月より発売開始。プレミアム特典も。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]