西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

iPS移植サルの症状改善 パーキンソン病、京大が確認

 人のiPS細胞から作った細胞をパーキンソン病のサルの脳に移植した研究について説明する京都大の高橋淳教授=京都市
人のiPS細胞から作った細胞をパーキンソン病のサルの脳に移植した研究について説明する京都大の高橋淳教授=京都市
写真を見る

 人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から神経の元になる細胞を作ってパーキンソン病のサルの脳に移植し、最長2年間観察した結果、症状が改善し、腫瘍ができる異常も起きなかったと、京都大の高橋淳教授のチームが30日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。

 チームは2018年度、患者に移植する治験を計画。霊長類で長期の解析結果が出たのは初めてで「有効性と安全性が確認できた」としている。

 パーキンソン病は脳の神経伝達物質ドーパミンを出す神経細胞が減り、手足の震えや体のこわばりなどが起こる難病。根本的な治療法はない。

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]