海外臓器移植、保険給付へ 厚労省、月内にも通知

 加藤勝信厚生労働相は12日の記者会見で、海外渡航して臓器移植を受ける患者に対し、公的医療保険から一部の費用を給付する方針を決めたことを明らかにした。今月中にも健康保険組合などに通知して実施に移す。海外での治療費を加入先の医療保険から払い戻す「海外療養費制度」を活用する。

 対象は、日本臓器移植ネットワークに登録し、待機の状況から生命の維持が危ぶまれるなど一定の基準を満たす患者。保険給付されるのは、国内で移植手術をした場合に保険適用される手術費や入院・外来治療費に相当する1千万円程度になる見込みで、渡航費や滞在費は含まれない。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]