化血研、主要事業の譲渡発表 明治グループと地元出資会社に

 血液製剤の未承認製造問題を受け、国から事業譲渡を求められていた化学及血清療法研究所(化血研、熊本市)は12日、明治グループと熊本県内の企業、県が共同出資する会社に主要事業を譲渡すると発表した。

 12日に開いた理事会に譲渡案を提示し、承認された。明治グループが新会社の過半数の取締役を指名し、コンプライアンスを確保する。譲渡時期は未定。

 主要事業を承継する新会社の議決権比率は、明治ホールディングス(東京)とその製薬子会社「Meiji Seika ファルマ」が計49%。残りは、肥後銀行など熊本県内の7法人が計49%、県が2%となる構成で、本店は熊本市に置く。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]