微量血液で認知症を発見 国立長寿研と島津製作所

 記者会見する国立長寿医療研究センターの柳沢勝彦氏(右端)と島津製作所の田中耕一氏(左端)ら研究チーム=1月29日、厚労省
記者会見する国立長寿医療研究センターの柳沢勝彦氏(右端)と島津製作所の田中耕一氏(左端)ら研究チーム=1月29日、厚労省
写真を見る

 わずかな量の血液で、認知症の一種であるアルツハイマー病の原因物質が、脳に蓄積しているかどうかを調べられる検査法を開発したと、国立長寿医療研究センター(愛知県)や島津製作所(京都市)などのチームが31日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。病気の診断が安価で簡単になるとしている。治療が難しい病気のリスクを患者にどう伝えるかなど課題もあるが、将来、予防法が開発された際に有効な予測ツールとなる可能性がある。

 アルツハイマー病の原因にはさまざまな説があるが、脳内にアミロイドベータというタンパク質が異常に蓄積するのが原因の一つとされる。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]