カナダで天然痘似たウイルス作製 「テロの危険」と批判も

 【ワシントン共同】1980年に根絶された天然痘ウイルスに近いウイルスを人工的に作製したと、カナダ・アルバータ大のチームが米科学誌プロスワンに6日までに発表した。ワクチン開発に役立つとしているが、専門家から「テロリストに生物兵器の作り方を教えるようなものだ」と批判されている。

 研究成果が民生と軍事の両面で利用される「デュアルユース」を巡っては、河岡義裕東京大教授らによる毒性と感染力の強い鳥インフルエンザウイルスの研究で、米政府が論文の一部削除を求めた例がある。

 米メディアによると、論文は過去に米科学誌サイエンスなど2誌に投稿されたが、不採用となった。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]