「YOSAKOI祭り」21日開幕 13会場、7000人乱舞 [長崎県]

写真を見る
写真を見る

 佐世保市の秋を盛り上げる「第19回YOSAKOIさせぼ祭り」が21日、開幕する。今年は県内外から171チーム、約7千人が参加。23日までの3日間、市内13会場を舞台に、踊り手の熱気が町を包む。

 21日は前夜祭。メイン会場の名切お祭り広場(佐世保市宮地町)で、昨年の大会で準大賞に輝いた地元の「一喜一遊」など県内のチームを中心に31チームが登場する。22、23日の本審査では、ステージやパレードでの踊りの審査で16チームを選出。敗者復活と、学生主体のチームが競う「青春グランプリ」からそれぞれ1チームを加えた計18チームが23日午後4時54分から、名切お祭り広場で大賞をかけたファイナルステージに臨む。審査委員長は、通販大手ジャパネットたかた(佐世保市)の高田明前社長が初めて務める。

 期間中、市中心部の会場周辺では交通規制がある。

=2016/10/20付 西日本新聞朝刊=

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]