本河内水源地水道施設、国重文へ 地元、観光資源に期待 明治中期 日本人初の設計、今も配水 [長崎県]

雨による斜面の浸食を防ぐ目的で芝生が植えられた本河内高部ダムの堤防
雨による斜面の浸食を防ぐ目的で芝生が植えられた本河内高部ダムの堤防
写真を見る
日本で2番目のコンクリート造水道ダムという本河内低部ダム
日本で2番目のコンクリート造水道ダムという本河内低部ダム
写真を見る
写真を見る

 長崎市の中島川上流にある「本河内(ほんごうち)水源地水道施設」が19日、文化審議会から文部科学相に対し、重要文化財に指定するよう答申されたことを受けて、市文化財課は「観光資源としての活用法やPR方法を考えたい」と歓迎した。

 施設は明治中期に日本人が初めて設計した水道施設で、文化審議会は技術的にも歴史的にも価値が高いと評価した。外国との交流が頻繁に行われた長崎では当時、コレラや赤痢が猛威を振るい、上水道整備が急がれた背景がある。建設から120年以上経た今でも、約2万3千戸に配水している。

 「本河内高部ダム」と呼ばれる施設は1891年、国内では横浜や函館に次ぎ整備された上水道施設で、水道技師吉村長策が設計した。1903年には約1キロ下流に「本河内低部ダム」が完成した。299人が犠牲となった82年の長崎大水害後には治水対策が施され、洪水調整の機能も持つようになった。

 ダムは隣接する公園から眺めることができるが、浄水場内にある配水池など建設当時の名残が残る一部施設は衛生と安全面から立ち入りが禁止されている。市文化財課は「小学生の社会科見学や定期的な見学会を企画したい」と話している。

=2017/05/20付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]