西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

857人、生月で歩き楽しむ 「ツーデーウォーク」開幕 [長崎県]

「ひらどツーデーウォーク」で生月島一周に出発する参加者たち
「ひらどツーデーウォーク」で生月島一周に出発する参加者たち
写真を見る

 平戸の海山や名所を巡って歩く第11回「ひらどツーデーウォーク」(平戸市、西日本新聞社など共催)が7日開幕し、全国から参加した857人が生月島で島一周30キロコースなどを楽しんだ。

 島北端の大バエ灯台では、佐世保海保が灯台内部を公開。参加者たちは壱岐や五島まで望む景観に一息つき、また歩く。島原市の男性(68)は「起伏がある道だが、景色が良くて気がまぎれる」と笑顔。がん手術を受け適度な運動が必要という北九州市の男性(59)は「最高! 気持ちいい」と軽快に歩いた。

 キリシタン殉教地などをたどる7キロを完歩した平戸市立津吉小の3姉妹、5年生は「歩き通せてうれしい」、3年生は「暑くてきつかった」、1年生は「友だちと歩いて楽しかった」と満足そう。母親(42)は「海がよく見えて、ゆっくり楽しめた」。8日は平戸文化センター発着で田平天主堂など田平町一周や川内峠往復コースなどに約千人が参加する見通し。

=2017/10/08付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]