フルーツバス停「インスタ映え」 若い女性中心に観光客増 諫早市 1400万円かけ“お色直し” [長崎県]

イチゴの「フルーツバス停」で写真を撮る女性観光客
イチゴの「フルーツバス停」で写真を撮る女性観光客
写真を見る
「フルーツバス停」の形をしたクッキー(左)とドーナツも人気
「フルーツバス停」の形をしたクッキー(左)とドーナツも人気
写真を見る

 諫早市小長井町の国道207号沿いなどに並ぶ、イチゴやミカンなどの形をした「フルーツバス停」が人気を呼んでいる。合併前の旧小長井町が整備し、地元ではなじみの風景だが、写真共有アプリ「インスタグラム」などで評判になり、若い女性を中心に観光客が訪れるようになった。市はさらに撮影を楽しんでもらおうと、今秋からバス停の“お色直し”に乗り出した。

 平日午後、イチゴのバス停で20代の女性2人組がスマートフォンで自撮りしていた。「カラフルでかわいい」「インスタ映えする」と長崎からのドライブの帰りに立ち寄ったという。

 「私たちの前にも2組が車で来て写真を撮ってましたよ。うち1組は所沢ナンバーでした」と2人。

 フルーツバス停は1989~99年、旧小長井町が特産品をPRしようと県営バスの停留所に整備。イチゴ、ミカン、メロン、トマト、スイカの形をした高さ3メートルのコンクリート製で、現在は計16基が沿線に並ぶ。

 市小長井支所によると昨年、全国放送のテレビ番組で取り上げられてから注目が集まり、インスタグラムやフェイスブックなどの会員制交流サイト(SNS)で人気が過熱。インターネットで公開された写真には「本物そっくり」「おいしそう」などのコメントが書き込まれ、今夏には国内旅行サイトで「長崎のフォトジェニックな人気スポット」と紹介された。

 「昔から子どもたちには人気でしたが…最近は明らかにファン層が違う」と同支所。バス停の多くは築20年以上がたち、壁面の色があせていることから市は本年度の一般会計予算に塗装費1400万円を計上。9月下旬から始まった“お色直し”は年内に終える予定だ。

 国道207号沿いの洋菓子店「CoCoLo(ココロ)」(同市高来町)は今年からバス停の形をしたクッキーやドーナツを売り出した。代表の岡村佐己子さん(35)は「バス停の写真を撮りに来たお客さんがお土産用に買っていかれることが多い」と話す。こちらもインスタグラムで「かわいい」と紹介されてから売り上げが伸びているという。

=2017/11/22付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]