新年「志高く翔け」 長崎西高書道部が書き初め [長崎県]

力強く文字を書く長崎西高書道部員たち
力強く文字を書く長崎西高書道部員たち
写真を見る

 長崎市の長崎歴史文化博物館で2日、長崎西高書道部員たちが「志高く翔(はばた)け」という新年の思いを込めた書道パフォーマンスを披露した。

 午前と午後の2回、計12人の部員がはかま姿で登場。午後の部では縦2・7メートル、横6・9メートルの紙に黒と赤、青の墨を使い、ロックバンドWANIMAの「やってみよう」などの音楽に合わせ、テンポよく筆を走らせた。

 同館での新年パフォーマンスは今年で5回目。紙には大きく羽を伸ばす鳥の絵も添え、来館者から盛んな拍手が送られた。1年生の佐々木瑠理(るり)さん(16)は「最高の出来栄え。今年はいい1年になりそう」と話した。作品は同館で14日まで展示される。

=2018/01/03付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]