カトリック田平教会 100周年式典に400人 「祈りは未来へ」記念碑除幕 [長崎県]

建設100周年の記念ミサが行われた田平教会
建設100周年の記念ミサが行われた田平教会
写真を見る

 国重要文化財「田平(たびら)天主堂(カトリック田平教会)」の建設100周年記念式典が13日、平戸市田平町小手田免の同教会であり、約400人の信徒が参列した。

 1916(大正5)年、教会建築のパイオニア鉄川与助が棟梁となり、信徒の労働奉仕を得て、18年5月14日に完成。世界遺産登録を目指した「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の構成資産にも含まれていた。

 「献堂」100年を迎えたこの日は、主任司祭の中田輝次神父と高見三明長崎大司教が「祈りは未来へ」と刻まれた記念碑を除幕し、碑に水を掛ける「灌水(かんすい)」の儀式を挙行。記念のミサでは「小さな移住信徒から始まった田平の神の民は数を増して祈りの家が必要になり、平戸瀬戸を見下ろす瀬戸山に労苦してれんが造りの聖堂を建てた」などと100周年の祈りを捧げ、数々の賛美歌を歌った。

 実行委員長を務めた小教区評議会の今村達也議長(52)は「先祖に報告できる安堵感の一方、未来に語り継ぐ責任を感じる。世界遺産の構成資産からは外れたが、祈りの場であることは変わらない」と気を引き締めていた。

=2018/05/14付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]