マイナンバー不正取得容疑で逮捕 元会社員、全国初か

 押収されたパソコンなど=2日午前、警視庁原宿署
押収されたパソコンなど=2日午前、警視庁原宿署
写真を見る

 元勤務先の女性役員のマイナンバー通知カードに記載されている情報を不正取得したとして、警視庁サイバー犯罪対策課は2日、マイナンバー法違反の疑いで、IT関連会社元社員の江川修平容疑者(25)=東京都練馬区=を逮捕した。捜査関係者によると、昨年10月に施行された同法違反容疑での逮捕は全国初とみられる。

 逮捕容疑は今年2月26日、当時勤務していたIT関連会社で、同社の30代の女性役員がパソコンのデスクトップに保存していたマイナンバー通知カードの画像データを、社内のネット回線を通じて自分のパソコンに保存し、不正取得した疑い。

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]