オバマ氏、原爆資料館に手紙 「歴史直視は共通の責任」

 広島市の原爆資料館に届いたオバマ米大統領からの手紙
広島市の原爆資料館に届いたオバマ米大統領からの手紙
写真を見る

 広島市の原爆資料館は2日、5月に同館を見学したオバマ米大統領から「私たちはあのような苦しみを再び起こさないため、歴史を直視する共通の責任がある」と書かれた手紙が届いたと明らかにした。

 手紙は11月21日付で、オバマ氏は「核兵器のない世界に向けた誓いを再確認するために広島を訪れた。より多くの人が過去を理解し思いやるために時間を割けば、明るく平和な将来が待っていると確信する」とつづった。

 同館がオバマ氏に贈った収蔵品の図録へのお礼も記されていた。

 同館長は「原爆投下を正当化する意見が根強い米国で『まずは見てみよう』という方向性をつくってくれた」と話した。

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]