42万人の個人情報が流出 資生堂子会社

 資生堂は2日、子会社「イプサ」(東京)の公式ウェブサイトに不正アクセスの被害があり、顧客の氏名や住所など約42万人分の個人情報が流出した可能性があると発表した。クレジットカード情報も最大で約5万6千件が流出した可能性がある。

 既に警察に届け出た上、経済産業省にも報告したという。イプサは会員登録や買い物機能などを停止している。11月4日に決済代行会社から連絡を受け、情報流出が発覚した。

 資生堂などによると、流出した可能性があるクレジットカード情報は2011年12月14日から16年11月4日までの間にカードで決済した顧客のもの。

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]