西日本新聞電子版サービス

開き直り発言あだ 抗議1000件「事態を収拾」 飯塚市長辞職へ

記者会見で辞職を表明した斉藤守史市長(左)と田中秀哲副市長=11日午後3時すぎ、飯塚市役所
記者会見で辞職を表明した斉藤守史市長(左)と田中秀哲副市長=11日午後3時すぎ、飯塚市役所
写真を見る
写真を見る

 街のイメージをどこまでおとしめるのか-。平日昼に賭けマージャンをした問題で辞職を表明した福岡県飯塚市の斉藤守史市長と田中秀哲副市長。発覚後も「賭けないと面白くない」「職は辞さない」と強弁し、市民の怒りに油を注いだ。自らの発言が招いた炎上は収まらず、発覚から3週間で追い込まれた辞職。11日の記者会見では、打って変わって疲れた表情を見せた。

 昨年12月22日の記者会見で、斉藤市長は「賭けないでする人が世の中に何%いるのか。賭けないとマージャン人口が減る」と開き直り、副市長も「ゴルフでチョコレートを賭けるようなもの」と追随した。

 賭けマージャンを容認するかのような一連の発言は4日後に撤回したものの、テレビやインターネットで繰り返し取り上げられたことで世論の反感を高めた。信頼回復に失敗し「辞職やむなし」との空気が支援者や市民の間に広がり、突然の辞意表明となった。

 市役所には苦情や2人の辞職を求める電話やメールが寄せられ、11日午後には千件を超えた。職員が対応に追われ、仕事にならない日が続いた。

 この日の記者会見で斉藤市長は「相当数の批判の声があった。十二分に受け止めた」とうなだれた。「私が市長の職にとどまることで市の負のイメージが増すことになれば、市民と協働で築き上げたものが水泡に帰す」とも述べ、任期を1年3カ月残し、新市庁舎完成を間近に控えての辞職に悔しさもにじませた。

 午後3時からの会見に先立ち、斉藤市長は部長以上の幹部職員を集めて庁議を開いて辞意を伝えると、すぐに市議会議長に辞職願を提出。問題発覚後も一貫して「任期を全うしたい」と強調していたが、「一日も早く事態を収拾したい。私が身を引くのが一番の方法」と白旗を揚げた。

 地元の市民団体「資産公開を考える会」の有松賢作会長(75)は、市長が市政治倫理審査会に進退の判断を委ね、辞職勧告が出れば応じる考えを示していたことを批判し「トップとして出処進退は自分で決めるべきで辞職は当然」と指摘。「行政全体で飯塚のイメージ回復に努めてもらいたい」と強調した。

 「飯塚の未来を考える市民の会」の小畠久司代表(68)は「辞めたから終わりではない。賭けマージャン問題の背景に何があるのか、市民に説明責任を果たすべきだ」と注文した。

=2017/01/12付 西日本新聞朝刊=

◆好評の西日本新聞アプリ。30日分の全紙面と速報ニュース。初月無料でお試し!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]