ホークスファンタブレット

梅花の下で「曲水の宴」 太宰府天満宮

平安時代の貴族文化を再現した「曲水の宴」=5日午後、福岡県太宰府市の太宰府天満宮
平安時代の貴族文化を再現した「曲水の宴」=5日午後、福岡県太宰府市の太宰府天満宮
写真を見る

 福岡県太宰府市の太宰府天満宮で5日、平安時代の宮中で菅原道真も参宴したとされる「曲水の宴」があった。空は雲に覆われ、やや肌寒い天候だったが、境内の梅は今が見頃。紅白の梅の花の下で衣冠、十二単(ひとえ)などの装束の男女が風流なうたげを繰り広げた。

 姫役は福岡親善大使の栗之丸紗紀さんら5人、諸官役は小川洋知事や地元経済人など9人が務めた。参宴者は緊張した面持ちで、曲がりくねった水路に浮かべた酒杯が自分の前に流れてくるまでに短冊に短歌をしたため、杯を飲み干した。

 天満宮での宴は958(天徳2)年に始まったとされ、1963年に「平安の世の風俗文化再現」などを目的に復活。この日は見物客約1500人が楽しんだ。

=2017/03/06付 西日本新聞朝刊=

◆500台限定!ホークスファン専用のタブレットが今月より発売開始。プレミアム特典も。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]