元役員が9億8千万円着服 三菱食品の子会社で

 三菱食品は21日、子会社の元執行役員が約11年間にわたって総額約9億8千万円を着服し、私的に流用していたと発表した。着服した金の弁済を求め、刑事告訴する方針。この男性役員は不正発覚後の昨年12月21日付で解任され退社した。

 子会社は食材卸の「ファインライフ」(東京)。国税局の税務調査で昨年11月に不正が発覚した。その後の社内調査で、2004年から15年にかけて取引先の請求書の偽造を繰り返し、会社から不正に金を引き出していた。

 三菱食品は「関係者にご迷惑とご心配をお掛けした」と謝罪のコメントを発表。金の使い道については開示を拒んだ。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]