西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

「一本足」の櫓いったん解体へ 熊本城 石垣復旧後に再建

石垣の復旧工事のため一時解体される熊本城の飯田丸五階櫓=28日午後、熊本市中央区
石垣の復旧工事のため一時解体される熊本城の飯田丸五階櫓=28日午後、熊本市中央区
写真を見る

 熊本市は28日、熊本地震で被災し「一本足」状態の石垣に支えられて倒壊を免れた熊本城飯田丸五階櫓(やぐら)について、櫓をいったん解体して石垣の復旧工事を進める方針を明らかにした。櫓をそのまま移動させる「曳家(ひきや)」の技法も検討したが、櫓や石垣が損壊する恐れがあると判断した。熊本城保存活用委員会文化財修復検討部会に方針を示した。

 市によると、櫓全体がゆがんでおり、移動作業時の負荷に耐えられない恐れがあるほか、櫓底部の被災状況からも曳家の技法は適さないという。解体した櫓の部材は城内に保管し、石垣の復旧後に組み立て直す。市は年内にも解体に着手し、2023年度中の完了を目指す。

=2017/09/29付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]