西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

霧島連山の新燃岳、6年ぶり噴火 警戒レベル3に引き上げ

 気象庁のカメラが撮影した、白煙を上げる新燃岳の画像=11日午前9時2分
気象庁のカメラが撮影した、白煙を上げる新燃岳の画像=11日午前9時2分
写真を見る

 11日午前5時34分ごろ、宮崎、鹿児島県境にある霧島連山の新燃岳が噴火した。噴火は2011年9月7日以来、約6年ぶり。気象庁は火口から約2キロの範囲で大きな噴石の飛散や火砕流の恐れがあるとして、噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げた。新燃岳の噴火警戒レベルが3になるのは13年10月以来。

 今年9月下旬から火山性地震が増加、10月に入ってからは火山性微動も観測されるなど火山活動が活発化しており、気象庁は5日に噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)から2に引き上げていた。

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]