無人の店舗、客次々 前日対応に「お礼」も はれのひ福岡店

扉には「営業困難になりました」との張り紙があった
扉には「営業困難になりました」との張り紙があった
写真を見る

 福岡市中央区の「はれのひ福岡天神店」には9日、同店で着付けをしてもらった新成人や、娘のために着物をレンタルした父母らが次々と訪れた。

 ガラス張りの店舗は暗く、人けはない。入り口の扉には「これ以上の対応については本社の状況不明のため営業困難となりました」との張り紙があった=写真。記載された番号に電話しても「本日の営業時間は終了しました」と自動音声が流れるだけだった。

 同店は本社の指示がない中、8日は独自の判断で営業した。同店で着付けをしてもらった同市博多区の大学生、山崎朱音さん(20)は「成人式で着物を着られなかったかもしれないことを想像すると、涙が出た。スタッフに会ってお礼を言いたかった」と話した。

 福岡県古賀市のパート女性(44)は2016年、同店で娘の着物を購入。昨年10月に振り袖姿の前撮り写真を依頼し、実際に撮影してもらったが、まだ写真を受け取っていないという。「娘のために写真のデータだけでも渡してほしい」と目を潤ませた。

=2018/01/10付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]