国公立大2次試験 願書受け付け開始 31日まで

国公立大2次試験の願書受け付けが始まり、パソコンでインターネットからの出願画面を開く職員=22日午前、福岡市東区の九州大箱崎キャンパス
国公立大2次試験の願書受け付けが始まり、パソコンでインターネットからの出願画面を開く職員=22日午前、福岡市東区の九州大箱崎キャンパス
写真を見る

 国公立大入試の2次試験の願書受け付けが22日、各大学で始まった。受験生は13、14両日に実施された大学入試センター試験の自己採点を基に、志望校を選んで出願する。31日に締め切られる。

 文部科学省によると、出願を受け付けるのは国立82校、公立86校で、募集人員は約10万人。試験は前期が2月25日から、後期が3月12日以降に実施される。

 九州大は昨年からインターネットによる願書受け付けを導入。22日は午前8時半に受け付けを開始し、入試課職員が、受験生から届いた願書に顔写真が正しく登録されているかなどを確認した。職員は「インターネットでの出願後、郵送での必要書類の提出も31日必着であることに留意してほしい」と呼び掛けた。

=2018/01/22付 西日本新聞夕刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]