ヘリのメインローター部品発見 佐賀、墜落の住宅敷地内

 陸上自衛隊のAH64D戦闘ヘリが墜落した現場近くの田んぼで落下物を捜索する自衛隊員=7日午前、佐賀県神埼市
陸上自衛隊のAH64D戦闘ヘリが墜落した現場近くの田んぼで落下物を捜索する自衛隊員=7日午前、佐賀県神埼市
写真を見る

 佐賀県神埼市の住宅に陸上自衛隊のAH64D戦闘ヘリコプターが墜落した事故で、陸自は7日、4枚の羽根をつなぐ部品のメインローター(主回転翼)ヘッドが住宅敷地内で見つかったと明らかにした。現場から南東500メートルの水路では羽根とみられる部品が発見されており、陸自は上空でメインローター部分が分解したとみて、回収したフライトレコーダー(飛行記録装置)を解析し、事故原因の特定を目指す。

 陸自によると、メインローターヘッドは6日に見つかった。7日も陸自と県警が現場検証し、陸自隊員が近くの田畑で横一列に並び、ヘリの部品とみられる物を回収した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]