AI活用、犯罪発生を予測 神奈川県警が実証実験へ

 神奈川県警は7日、人工知能(AI)を活用して犯罪や事故の発生を予測する新システム導入に向け、過去のデータを用いた実証実験を始めると発表した。県の2018年度当初予算案に、調査費として約4800万円を計上。研究機関や企業と連携し、予測の精度を検証する。

 県警によると、全国の警察で初の試み。20年東京五輪・パラリンピック開幕までに試験運用を始め、20年度末までの本格運用を目指す。

 県警が09年から蓄積した事件や事故など約260万件のデータを外部の専門家に提供し、発生を予測するアルゴリズム(計算手法)を開発する。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]