ヘリ墜落、主回転翼空中で破損か 陸上幕僚長、可能性に言及

 陸上自衛隊のAH64D戦闘ヘリの墜落現場から重機で回収されるメインローターヘッド=8日、佐賀県神埼市
陸上自衛隊のAH64D戦闘ヘリの墜落現場から重機で回収されるメインローターヘッド=8日、佐賀県神埼市
写真を見る

 佐賀県神埼市の住宅に陸上自衛隊のAH64D戦闘ヘリコプターが墜落した事故で、山崎幸二陸上幕僚長は8日、定例記者会見で「突然揚力を失って墜落する通常では考えられない事故だ」と述べた。空中でメインローター(主回転翼)が破損した可能性を問われ「あると思う。原因を予断することはできないが、全ての可能性を捉えて分析していきたい」と答えた。

 山崎氏は「揚力がある限りは操縦して民有地を回避するのが原則だが、(墜落する様子を捉えた)映像を見る限り突然揚力を失った」と指摘。原因は回収したフライトレコーダーの解析などで調査するとし、「予断することはできない」と繰り返した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]