米軍オスプレイが部品落下、沖縄 重さ13キロ伊計島漂着 

 沖縄県うるま市の伊計島の海岸に流れ着いた米軍輸送機オスプレイの部品=9日(真崎元多さん提供)
沖縄県うるま市の伊計島の海岸に流れ着いた米軍輸送機オスプレイの部品=9日(真崎元多さん提供)
写真を見る

 9日午前、沖縄県うるま市の伊計島の海岸に、米海兵隊普天間飛行場(宜野湾市)に所属する輸送機オスプレイの重さ約13キロの部品が流れ着いているのが見つかった。在日米海兵隊(司令部・沖縄)は同日夜、飛行中のオスプレイが海上に落下させたと認めた。沖縄では米軍機の部品落下や不時着トラブルが相次いでおり、県は海兵隊にオスプレイの飛行停止などを求めた。

 防衛省沖縄防衛局は、同機が8日午前に普天間飛行場へ着陸したのを確認。海兵隊は同日、部隊から落下の報告があったとしている。小野寺五典防衛相は9日、日本側への報告が遅れたとして不快感を示した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]