英語検定替え玉受験で中国人逮捕 京都府警、「ネット募集に応募」

 別人に成り済まして英語検定試験「IELTS(アイエルツ)」を受験したとして、京都府警上京署は9日、有印私文書偽造・同行使の疑いで中国籍の無職、許毅容疑者(30)を再逮捕した。

 上京署によると、容疑を認め「十数万円の成功報酬を支払う、というインターネット上の募集に応募して受験した」と供述。偽造された中国人のパスポートを3人分持っており、替え玉受験を繰り返していたとみられる。依頼した人物らの捜査も進める。

 再逮捕容疑は1月6日、東京都内の大学で30代の中国人男性の氏名などを解答用紙に記入して偽造、提出した疑い。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]