線路に犬、一時運転見合わせ 山陽新幹線、新山口駅

 13日午後3時50分ごろ、山口市の山陽新幹線新山口駅で、利用客の飼い犬が上り線のホームから線路に入り、上下線が一時運転を見合わせた。

 JR西日本によると、停車中の車両に客が乗ろうとした際、何らかの原因で犬がホームとの隙間から線路に落下し、目撃した駅員が非常停止ボタンを押した。その後、駅員4人が犬を保護し、飼い主に引き渡した。約20分後に上下線とも運転を再開した。

 新大阪―博多間で、上下線計5本に最大21分の遅れが生じ、約1600人に影響が出た。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]