「官僚は権力の私物化に抵抗を」 前川喜平・前次官に「政と官」の在り方を聞く

「政と官」の関係について語る前川喜平前文部科学事務次官=東京都内
「政と官」の関係について語る前川喜平前文部科学事務次官=東京都内
写真を見る

 加計(かけ)学園問題で安倍官邸の「圧力」を指摘した前川喜平前文部科学事務次官が西日本新聞の単独インタビューに応じた。森友学園問題を巡る財務省の決裁文書改ざんと、文科省による前川氏の授業内容の調査が立て続けに発覚し、官僚が政治を忖度(そんたく)した可能性が指摘される。「政と官」の関係の在り方について聞いた。

 -財務省の文書改ざんを元官僚としてどうみるか。

 「政府は理財局の主導で行われたと説明しているが、到底信じられない。役人が犯罪に等しい行為を組織的にやるというのは、よほど強い政治的な力が働かないと起こらないと思う」

 -佐川宣寿(のぶひさ)前国税庁長官の証人喚問をどうみるか。

 「佐川さんは、辞めたとはいえ国家公務員の行動様式を強く引きずっていると思うので、本当の責任の在り方を告発することはしないだろう。私自身も、かつては首相官邸に忖度しながら国会答弁をしていた」

 -加計学園問題で「総理のご意向」文書などの存在を証言した理由は。

 「私が『出会い系バー』に出入りしているという報道が出たことで吹っ切れた。官邸によるリークだと確信し、もう忖度する必要はない、国民の知る権利を実現しなければ、という気持ちが強くなった」

 -前川さんの名古屋市立中学での講演について、文科省が市教育委員会に報告を求めた問題が発覚した。

 「教育の政治的中立性というのは非常に重要な観念だ。文科省は、政治的な力に押される形で一線を踏み越えてしまった。現場を萎縮させる意図があったのは明らかだ」

 -前川さんへの個人攻撃の意図は感じるか。

 「私の社会的活動を封じたいのかなという気はするが、学校教育に介入するという方法は非常に問題だ。国家権力は暴力機関にもなり得るわけだから、決して暴走を許してはならない」

 -省庁の幹部人事を官邸が一元管理する内閣人事局の存在が、官僚の忖度を生むとの指摘がある。

 「内閣人事局もうまく運用すれば省庁の縦割り是正などにつながる。だが、現政権は、言うことを聞く役人だけを重用し、権力の維持・拡大に利用している気がしてならない」

 -現職の官僚たちにどういう役割を求めるか。

 「国民の信託を受けた政治家に誠心誠意お仕えするのは、基本的には正しいこと。ただ、国家や権力の私物化と思われる振る舞いには抵抗しないといけない。何より、国民目線で自分の仕事を客観的に見る目を持ってほしい」

=2018/03/26付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]