公での発言困難「知って」 場面緘黙バー、当事者主催

 大阪・心斎橋で開かれた「場面緘黙バー」。奥右は主催者の「みなきんぐさん」こと楢松美奈子さん=12日午後
大阪・心斎橋で開かれた「場面緘黙バー」。奥右は主催者の「みなきんぐさん」こと楢松美奈子さん=12日午後
写真を見る

 言語能力には問題がないのに学校や職場など公の場で話せなくなる「場面緘黙症」を広く知ってもらおうと、当事者の女性が12日、大阪・心斎橋で交流イベント「場面緘黙バー」を開催した。今月下旬以降、全国各地で開催する予定。

 主催者は「みなきんぐさん」の名前で活動し、各地で発達障害の人らが集う「発達障害バー」を開催している楢松美奈子さん(28)。自らも幼少期の健診で発達障害と疑われ、大人になって確定診断を受けた。場面緘黙症にも苦しんだ。楢松さんは「当事者が身構えず、お気に入りの店に入る感覚で気軽に参加できるような場にしたい」と話す。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]