護国神社で巨大絵馬除幕式 [大分県]

写真を見る

 大分市の護国神社で1日、2017年のえと「酉(とり)」が描かれた巨大絵馬の除幕式があった=写真。絵馬は縦3メートル、横5メートル。同市の着物店経営、内田孝久さん(65)が毎年、その年のえとにちなんだ絵馬を作製している。今回は羽を広げたおんどりの姿が描かれている。除幕式を見守った同市の女性(73)は「この絵の鳥みたいに来年ははばたけるといいな」と笑顔を浮かべた。

=2016/12/02付 西日本新聞朝刊=

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]