銀鱗追い 太公望続々 筑後川水系でアユ漁解禁 [大分県]

アユ漁が解禁となり、若アユ釣りを楽しむ人たち=20日午前8時50分ごろ、大分県日田市の玖珠川
アユ漁が解禁となり、若アユ釣りを楽しむ人たち=20日午前8時50分ごろ、大分県日田市の玖珠川
写真を見る

 福岡、大分両県を流れる筑後川水系で20日、アユ漁が解禁された。朝から青空が広がり、気温もぐんぐん上昇。汗ばむ釣り人はアユをおとりで引っかける「友釣り」を楽しんだ。

 大分県日田市の天ケ瀬温泉旅館街を流れる玖珠川では、ウエットスーツにサングラス姿の太公望たちが川に入り、さおをしならせた。生きのいいアユが釣り上がるたびに、初夏の日差しを受けた銀鱗(ぎんりん)や水しぶきがきらめいていた。

 2時間ほどで4匹を釣った福岡県豊前市の有本正則さん(62)は「解禁日は毎年、盆と正月が一度に来るくらい楽しみ。今年もいろんな川でのんびり釣りたい」と笑顔だった。

=2017/05/20付 西日本新聞夕刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]