日田の災害ボランティアセンター、大鶴地区に拠点 移動時間短縮で効率アップ [大分県]

日田市災害ボランティアセンターの大鶴サテライトで受け付けをするボランティアたち
日田市災害ボランティアセンターの大鶴サテライトで受け付けをするボランティアたち
写真を見る

 九州豪雨で家屋に水や土砂が流れ込むなど大きな被害を受けた日田市大鶴地区にある大鶴スポーツ広場に16日、同市災害ボランティアセンターの「大鶴サテライト」が開設された。

 これまで同市上城内町の市総合保健福祉センターの1カ所だったボランティア受付場所を増設。大鶴地区への移動時間の短縮や作業の効率化を図る狙いがある。同地区では1件ごとの被害が甚大なため、ボランティアは10人以上の団体に限って受け付けている。初日は全国各地から318人が訪れ、地区内の家屋に流れ込んだ水や泥の搬出、家財の搬出などを行った。

 3日前までの申し込みが必要で、電話での受け付けは市災害ボランティアセンター=080(5074)9103、ボランティアの依頼は大鶴サテライト=080(5073)9428(いずれも午前9時~午後4時)。問い合わせは080(5062)9434(午前9時~午後5時)。

=2017/07/17付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]