沖縄、同型機の飛行中止要請 米攻撃機墜落事故に抗議

 外務省と防衛省の担当者に、墜落した米攻撃機と同型機の飛行中止を求める沖縄県の安慶田光男副知事(右)=23日午前、沖縄県庁
外務省と防衛省の担当者に、墜落した米攻撃機と同型機の飛行中止を求める沖縄県の安慶田光男副知事(右)=23日午前、沖縄県庁
写真を見る

 沖縄県の安慶田光男副知事は23日、外務省の川田司沖縄担当大使と防衛省沖縄防衛局の中嶋浩一郎局長と県庁で会談し、沖縄本島沖で米攻撃機AV8ハリアー1機が墜落した事故に抗議した。原因が究明されるまでの間、同型機の飛行中止を求めた。

 安慶田氏は2人に「事故原因の徹底的な究明と早期公表、再発防止措置を含む一層の安全管理に万全を期すよう、強く要請する」と述べた。川田氏は「米軍と協議する。このようなことが二度と起きないよう、努力したい」と応じた。

 安慶田氏は事故を巡り、在沖縄米軍トップのローレンス・ニコルソン沖縄地域調整官と同日午後に会談する方向で調整している。

Recommend

Recommend