生前退位、次期通常国会に提出 法案巡り菅官房長官

 菅義偉官房長官は19日の衆院内閣委員会で、天皇陛下の生前退位を巡る有識者会議の提言を踏まえた法案について「できれば(来年の)通常国会に出したいという思いは持っている」と表明した。提言の前に論点を整理して年明けにも国会に提示する考えを明らかにした上で「できれば円満に早くと考えている」と述べ、与野党の議論を踏まえて法案化作業を進める意向を強調した。

 「女性宮家」創設や女性・女系天皇に関しては、有識者会議での議論の対象にしない方針も示した。「いろいろな意見があり、議論が拡散する。公務の負担軽減に絞って議論したい」と述べた。民進党の岡田克也氏への答弁。

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]