自民総裁、3期9年の公算大 任期延長へ高村副総裁一任

 総裁任期の延長を話し合う自民党の役員会であいさつする高村副総裁=19日午後、東京・永田町の党本部
総裁任期の延長を話し合う自民党の役員会であいさつする高村副総裁=19日午後、東京・永田町の党本部
写真を見る

 自民党が党則で「連続2期6年まで」と制限する総裁任期を「3期9年」に延長する公算が大きくなった。「党・政治制度改革実行本部」が19日の役員会で「3期9年」と「多選制限撤廃」両案を巡り協議し、本部長の高村正彦副総裁への対応一任を決定。今後、高村氏が最終調整を進める。党幹部は「多選制限撤廃を国民に理解してもらうのは至難の業だ」として、3期9年が望ましいとの考えを示した。

 高村氏は「3期9年」を持論としている。1955年の結党以来、総裁任期が段階的に変更されてきた経緯を重視すべきだとの考えが背景にあるとみられる。

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]