農相、発言撤回し謝罪 民・共欠席で特別委開会

 渋い表情で衆院TPP特別委の開会を待つ山本農相=19日午後
渋い表情で衆院TPP特別委の開会を待つ山本農相=19日午後
写真を見る

 山本有二農相は19日、衆院環太平洋連携協定(TPP)特別委員会で、承認案の強行採決が選択肢になると受け取れる自らの発言について「ご迷惑を掛けた。撤回し、おわび申し上げる」と述べた。民進党は山本氏の辞任を要求したが、自民党は拒否した。特別委は同日夜、民進、共産両党が質疑に応じないまま約6時間遅れで開会した。

 菅義偉官房長官は記者会見で、山本氏の進退について「辞任するような話ではない」と述べ、続投させる意向を表明した。TPP承認案の審議に関しては「緊張感を持って丁寧に進めたい」としつつも「一定の審議時間があれば、粛々と対応していくのが国会の慣例だ」と述べた。

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]