カジノ法案が審議入り 自民、観光客増など経済効果主張

 衆院内閣委で質問に答える自民党の細田博之氏=30日午後
衆院内閣委で質問に答える自民党の細田博之氏=30日午後
写真を見る

 カジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)整備推進法案が30日、衆院内閣委員会で審議入りした。法案提出者で自民党の細田博之氏は、観光客増など経済効果が見込めると訴えた。同党と日本維新の会は今国会成立を目指すが、公明党内には慎重論がある。民進党執行部の反発も強く、行方は見通せない。

 公明党の石田祝稔政調会長は記者会見で、自民党が12月2日に委員会の、6日に衆院本会議の採決を提案したことを踏まえ「2日を念頭に党内議論をする」と述べた。

 法案は議員立法で、カジノやホテル、大型会議場が一体となったIRの整備推進を政府に促す内容となっている。

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]