西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

小池代表が初の街頭演説 3首長で地方分権アピール

 街頭演説する(右から)河村たかし名古屋市長、希望の党代表の小池東京都知事、日本維新の会代表の松井大阪府知事=7日午後、東京・銀座
街頭演説する(右から)河村たかし名古屋市長、希望の党代表の小池東京都知事、日本維新の会代表の松井大阪府知事=7日午後、東京・銀座
写真を見る

 希望の党代表の小池百合子東京都知事は7日、党代表として初の街頭演説を東京・銀座で行った。日本維新の会代表の松井一郎大阪府知事、河村たかし名古屋市長と共に街宣カーの上に姿を見せ「真の地方分権を確立させるため、改革派の自治体の長が連携して進めていく」と訴えた。

 衆院選に向けて他の首長と共闘することで「地方対中央」の構図をつくり、安倍政権との対決姿勢を鮮明にした形だ。小池氏は「まず私たち自身が身を切る覚悟を示した」などと、3人が自らの報酬を削減したことを紹介。「地方分権とは名ばかりで中央集権が進むようでは、ますます地方が疲弊してしまう」と主張した。

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]