西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

【突撃!ポンきち】引っ越したら投票できない? 不在者投票を活用しよう

写真を見る

 衆院解散-。投票への気持ちが高ぶるが、ここでちょっと注意。引っ越したばかりの人は、住んでいる選挙区で投票できないこともある。転勤者が多い福岡都市圏。あなたは大丈夫? 西日本新聞のイメージキャラクター・ポンきちが、福岡市選挙管理委員会事務局の永井信選挙課長や記者に聞いた。

 ポンきち 同級生のパパが「引っ越してきたばかりで投票できない」って言ってるみたいだよ。

 永井課長 そもそも選挙で投票するには、市区町村の選管が管理する選挙人名簿への登録が必要です。今回の衆院選(10日公示、22日投開票)は、公示前日の3カ月前にあたる7月9日以前に転入届を出した人が対象です。

 記者 特定の候補者を当選させるための、うその転入を防ぐためだね。

 ポンきち 7月10日以降に引っ越した人は投票できないの。

 永井課長 前に住んでいた所の選挙区で投票できます。3カ月以上住んでいたなら、転出から4カ月間は旧住所地の名簿に登録されているんです。

 ポンきち でも、遠くの投票所へ行くのは大変だよ。

 永井課長 そこで不在者投票の出番です。まず、前に住んでいた自治体のホームページや最寄りの選管で「不在者投票請求書・宣誓書」を手に入れます。記入して旧住所地の選管に郵送すると、自宅に封筒が送られてきます。

 記者 見本があるよ。

 ポンきち いろいろ入ってるね。開けてみよっと。

 永井課長 ちょっと待って。中には、投票用紙や本人確認で使う封書が入っています。封書を開けたり、あらかじめ投票用紙に名前を書いたりすると、投票が無効になってしまいます。注意してください。

 記者 成り済ましを防ぐためだね。

 ポンきち じゃあ、どうやって投票するの。

 永井課長 送られてきた封筒を持って、最寄りの選管に来てください。福岡市なら区役所か出張所へ。本人確認を受けて投票用紙に記入し、封をしてください。あとは職員が旧住所地の選管へ送り、現地で投票箱に投じられます。

 ポンきち いつから投票できるの。

 永井課長 公示翌日の11日から投票前日の21日まで受け付けます。ただ、投票所が閉まるまでに投票できなければ無効になるので、余裕を持って手続きしてくださいね。

 ポンきち は~い。早く同級生に教えてあげなきゃ。

 永井課長 ちなみに、福岡市からの転出を理由に不在者投票を請求した人は、2014年の前回衆院選で253人、16年の参院選では1186人でした。

 記者 福岡市ではここ10年、毎年6万~7万人くらいの住民が引っ越しで入れ替わっているようだね。

 ポンきち 制度を知らないで投票を諦めた人もいっぱいいたのかなあ。もっと利用してほしいね。

=2017/10/07付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

[衆院選] 選挙行きます? 行きません?

3年ぶりの総選挙。絶対行く!正直迷うなど「#選挙行きま」をつけて自由にtwitter投稿歓迎中!

西日本新聞のイチオシ [PR]