鹿児島全区 共産、社民一本化検討 民進の新党合流を受け

 10月10日公示、22日投開票の衆院選を巡り、共産党鹿児島県委員会と社民党県連合が県内の全4選挙区で候補者の一本化を検討していることが分かった。両党が競合する鹿児島4区で共産が新人の擁立を見送る方向で調整している。さらに相互推薦などの選挙協力も模索している。

 共産党県委員会幹部によると、民進党県連とも候補者のすみ分けを調整していたが、同党の「希望の党」合流に伴って協議はストップ。幹部は「もう民進との連携はない。社民とは安保法制や憲法改正への反対で一致できる」と語った。社民県連合の幹部は「小選挙区の候補者すみ分けの方向性は確認した。選挙協力など具体的なことはこれから詰める」としている。

 これまで共産は1~4区全区に、社民は4区にいずれも新人の擁立を予定していた。

=2017/09/30付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]