西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

鹿児島全区護憲3党一本化

 共産党鹿児島県委員会が競合する擁立を取り下げ、1区の立憲民主元職と4区の社民新人の支援を表明した6日、県内4選挙区全てで、共産、立憲民主、社民の護憲を掲げる野党3党の候補者一本化が実現した。自民など改憲勢力と争う構図が鮮明になった。

 野元徳英県委員長は記者会見で、立憲民主党の立ち上げを「心から歓迎する」と評価。同党から出馬する1区の民進系元職と護憲や安保法制廃止に取り組む意思を確認したという。共産は2、3区で出馬予定だ。

 同じ2、3区に立候補予定の希望の党については「自民党の補完勢力」とした。野党共闘を求めてきた市民団体や関係政党、候補者が7日に記者会見する。

 これに伴い鹿児島1区は自民、維新、立憲民主、無所属▽2区は自民、希望、共産、無所属▽3区は自民、希望、共産▽4区は自民、社民から出馬する見通しとなった。

=2017/10/07付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

[衆院選] 選挙行きます? 行きません?

3年ぶりの総選挙。絶対行く!正直迷うなど「#選挙行きま」をつけて自由にtwitter投稿歓迎中!

西日本新聞のイチオシ [PR]