西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

希望九州で風吹くか 1次公認発表 民進系の大半リスト入り 公認漏れ、「裏事情」の見方も

推薦状に印刷された「民進党公認」の上に「希望の党公認」のシールを貼る希望新人の陣営関係者=3日午後、長崎県諫早市
推薦状に印刷された「民進党公認」の上に「希望の党公認」のシールを貼る希望新人の陣営関係者=3日午後、長崎県諫早市
写真を見る

 真新しい看板を背負う候補者の顔触れがほぼ固まった。希望の党が3日発表した第1次公認候補リストには、九州の小選挙区から立候補する19人が名を連ね、民進党系も大半が含まれた。「有権者の期待は大きい」「幅広い支持を得やすい」。始動した立候補予定者は高揚感に包まれる。ただ、民進分裂を誘発した合流劇の傷は浅くない。思惑通り風は吹くか-。

 第1次公認候補が発表された午後4時、福岡1区の新人石井英俊氏の電話は鳴りっぱなしになった。「絶対に応援する」との激励を次々と受け、「党への期待感は非常に強い」と手応えを口にした。

 1区には民進系元職が立候補する可能性が高い。民進県連はこの元職の支援を明言。民進支持層への浸透には不透明感が漂う。「特定の層を意識せず、幅広く支持を訴えるだけ」。選挙戦を見据え、表情が引き締まった。

 長崎3区の新人末次精一氏は早速、党のシンボルカラーの緑色のネクタイを締め、JR大村駅(長崎県大村市)前で街頭演説した。

 遊説車の看板もこの日、自由党から希望の党に衣替え。「希望の党から公認を得た末次です。脱しがらみを目指します」と声を張り上げ、報道陣に「野党共闘の枠組みが崩れたのは残念だが、有権者には分かりやすくなった」と語った。

 福岡11区の新人村上智信氏も「幅広い支援を得やすくなった」と力を込め、大分3区の新人浦野英樹氏は「身が引き締まる思い。堂々と戦いを挑みたい」と強調した。

 九州の民進からの合流組は14人が公認された。佐賀1区の前職原口一博氏は「ありがたい」と感謝。「政治を変える千載一遇のチャンス。政権選択選挙に向け、強い責任を感じる。これからが本当の闘いだ」と決意を語った。

 一方、2日に公認されないと伝え聞いていた福岡6区の新人新井富美子氏は、一晩悩んで「無所属での立候補」を決断した。

 6区には自民前職鳩山二郎氏がいる。東京2区の希望公認は鳩山氏の兄。政界では、新井氏の公認漏れは「小池百合子代表の鳩山家への配慮」との見方がもっぱらだ。

 「今はすがすがしい気持ち」。3日に福岡県久留米市で記者会見した新井氏は気持ちを切り替え、公認漏れについては「安保法制に反対と正直に主張していたことが大きかったのでは」と淡々と語った。

=2017/10/04付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

[衆院選] 選挙行きます? 行きません?

3年ぶりの総選挙。絶対行く!正直迷うなど「#選挙行きま」をつけて自由にtwitter投稿歓迎中!

西日本新聞のイチオシ [PR]