「怒りが頂点に達した」 3区 横光氏が出馬表明会見

 衆院選大分3区で、新党「立憲民主党」からの立候補を予定する元職の横光克彦氏(73)=東京都在住=が7日、県庁で会見し「安倍1強の政治状況への怒りが頂点に達した。国民の不安や危機感を一掃するためにもう一度、国会に戻りたい」と出馬の理由を説明した。

 森友・加計(かけ)問題や急な解散という状況に出馬を考えていた中、立憲民主の代表を務める枝野幸男元官房長官や同党に参加した長妻昭元厚生労働相から出馬を打診されたという。「安保法制と原発の廃止を訴えたい。新たな党で新人になった気持ちで頑張る」と語った。

=2017/10/08付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]