ホークスファンタブレット

署名3万7563人分提出 反原発8団体、佐賀県に 玄海原発再稼働巡り [佐賀県]

副島良彦副知事(右)に、玄海原発の再稼働に反対する要請文と署名を提出する工藤逸男代表
副島良彦副知事(右)に、玄海原発の再稼働に反対する要請文と署名を提出する工藤逸男代表
写真を見る

 九州電力玄海原発3、4号機(佐賀県玄海町)の再稼働を巡り、佐賀、福岡、長崎3県の反原発8団体は17日、佐賀県庁で、山口祥義知事に再稼働に反対するよう求める要請文と3万7563人分の署名を提出した。

 要請文は、東京電力福島第1原発事故では放射性物質が広範囲に拡散したことを挙げ、「重大事故時には佐賀県民だけでなく隣接する福岡、長崎の両県民も避難を強いられ、農業、漁業などの全産業が壊滅的な損害を受ける」と指摘した。

 「脱原発!いとしまネットワーク」(福岡県糸島市)の岡部寛喜代表は「糸島市は美しい自然に恵まれ、1次産業が盛んだ。原発から20~40キロ圏にあり、事故が起きたら生活できなくなる」と訴えた。署名を受け取った副島良彦副知事は「知事も県民の安全が大切と言っている。要請内容はしっかり知事に伝える」と答えるにとどめた。

 署名は昨年10月1日から始め、原発に反対する84団体がインターネットなどを通じ、福岡県を中心に海外からも集めたという。

=2017/02/17付 西日本新聞夕刊=

◆好評の西日本新聞アプリ。30日分の全紙面と速報ニュース。初月無料でお試し!
◆ホークスFANタブレットが登場。もれなくマッチとワッチに会える特典付き!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]