ホークスファンタブレット

曳山人形が復活 ユネスコ登録機に6年ぶり 大森さんら「型」引き継ぐ [佐賀県]

復活した「からつ曳山人形」を披露する大森登至郎さん(左)と西田紀一さん
復活した「からつ曳山人形」を披露する大森登至郎さん(左)と西田紀一さん
写真を見る

 「からつ曳山(ひきやま)人形」が6年ぶりに復活する。唐津くんちの曳山とそっくりの色づけで人気があったが、生産が一時途絶えていた。唐津くんちが昨年12月にユネスコ無形文化遺産に登録されたのを受け、唐津市神田の大森登至郎さん(77)が「くんちをもり立てたい」と自宅に工房「唐津民芸曳山」を設け、4月の発売準備を進めている。

 人形は同市大石町の故野口喜光さんが1970年ごろから制作していた。粘土を石こうの型に入れて電気炉で素焼きして絵付け。高さ2~26センチの五つのサイズで全曳山14台がそろい、土鈴もあった。全国レベルの土産品審査会で受賞するなど評価は高かったが、野口さんは2005年に他界。家族や職人による生産も11年に止まっていた。

 復活は、野口さんの制作を手伝った経験がある同市水主町の西田紀一さん(71)が「長く親しまれた民芸品。再び全国に売り出したい」と大森さんに持ちかけた。大森さんは思いをくみ、野口さんの家族から制作道具を引き継ぎ、かつての職人も加わって1月中旬から制作に取り掛かった。

 「人形で曳山を身近に感じてもらいたい」と大森さん。唐津曳山取締会の大塚康泰総取締は「唐津くんちの魅力を全国にPRできる。ふるさと納税の返礼品にもいい」と話す。価格(1台)は大=5400円▽中=3240円▽小=1080円など。唐津民芸曳山=0955(74)0526。

=2017/03/19付 西日本新聞朝刊=

◆500台限定!ホークスファン専用のタブレットが今月より発売開始。プレミアム特典も。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]