ホークスファンタブレット

月内にも報告書提出へ 玄海再稼働、県の原子力安全専門部会 [佐賀県]

 玄海原発再稼働の安全性を確認する県の第三者委員会原子力安全専門部会(部会長・工藤和彦九州大名誉教授)は18日、佐賀市で会合を開いた。津波やテロ対策などの質問に対する原子力規制庁の回答内容を精査し、今月中にも報告書をまとめ、三者委会長の副島良彦副知事に提出することを決めた。

 専門部会は原子力や地震の専門家ら7人で構成。昨年12月から原子力規制庁や九州電力から審査内容や安全対策を聞き、1月には玄海原発を視察した。前回会合で委員が助言してまとめた18項目の質問書を県が原子力規制庁に送っていた。

 この日の会合では、委員から「九電がどのような安全対策を考え、安全性が向上するのか継続的に確認してほしい」などの要望が出た。報告書は工藤部会長がまとめる。

=2017/03/19付 西日本新聞朝刊=

◆500台限定!ホークスファン専用のタブレットが今月より発売開始。プレミアム特典も。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]