西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

炭酸で町民の健康増進を みやき町と友桝飲料連携 協定締結 オリジナル商品など開発 [佐賀県]

連携協定を結んだ友桝飲料の友田諭社長(右)とみやき町の末安伸之町長
連携協定を結んだ友桝飲料の友田諭社長(右)とみやき町の末安伸之町長
写真を見る

 みやき町は8月29日、小城市の飲料メーカー「友桝飲料」と地域活性化などに関する連携協定を結んだ。町が進める「健幸(こう)長寿のまち」に関する事業や、町オリジナルの炭酸飲料開発などで協力する。

 同社は1902年創業で炭酸飲料の「こどもびいる」やラムネ、各地の特産を生かした「地サイダー」を製造販売。「炭酸生活総合研究所」を設立し、炭酸を健康や美容、洗浄に生かす研究に取り組んでいる。

 町はふるさと納税の返礼品の一つに同社の飲料を贈っている。今後は、町が計画する東洋や西洋医学の統合医療の拠点で、炭酸を健康増進に役立てる可能性を探る。町内で生産されたイチゴやブルーベリーを使った飲料づくりも検討する。

 末安伸之町長は「炭酸の可能性を共同で研究し、町民の健康保持、増進に寄与する取り組みをしたい」とあいさつ。友田諭社長は「協定によって新しい市場や商品開発につなげ、地域の方々の健康増進に貢献したい」と話した。

=2017/09/06付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]